2018-08-25から1日間の記事一覧

詠嘆は息となり、眼前の秋と一つ

先週のいつの日からか、感じている、秋を。甲子園も終わった。しばらく雨が続いている。北海道の夏は短い。あれ、つい先日、春の訪れを感じていた気もするが…と月並みな回顧を行っている。季「節」の変わり「目」は、「節目」として人を回顧に誘うようである…