なぜ自殺で楽になるのか(4)

 

kyodatsu.hatenablog.com

kyodatsu.hatenablog.com

kyodatsu.hatenablog.com

 

A「いやいや、絶対的な無だろうと部分的な無だろうとなんであれ、少なくとも、借金の取り立てがないことは確かなのだから、いま楽になる。それで別段説明として問題はありません。」

B「言われてみれば、そうですね。部分的な無であろうと、部分的でない無であろうと、ともかく「無い」という観念が今わたしを救う。余計なことを言いました。」

A「ところでしかし、「無い」という観念は、「有り」ますね。「有る」という観念も、「有り」ますが。「無い」という観念で救われる場合もあれば、一方で、「無い」という観念で苦しむこともありますね。」

B「うん、明日食う食べ物が「無い」とか。」

A「有るとか無いの思い一つで楽になったり苦しくなるのならば、都合よく「有る」とか「無い」とか思って生きていけないものでしょうか。」

B「何の根拠もないけど、明日の飯は「ある」に違いない、とか?」

A「そうそう。でも根拠ないから結局餓死するかもしれない。でも俺が死ぬことは「無い」と思っていれば、問題はないかもしれない。あるいは、死んでも極楽が「有る」と思って死ねば、安楽に死ねるかもしれない。」

B「そもそも、生きているなんてことが「有る」んだろうか。あるいは俺なんてものは「有る」んだろうか。俺なんてもんは「無い」んだ、「俺なんてもんは『無い』んだ」と思っている俺なんてもんも「無い」んだ。…って生きてみたら、もうだいぶ楽じゃないでしょうか。」

A「たしかに。俺の人生を生きている俺なんてものは「無い」って思えたら、そして、「無い」と思いながら、そのまま生きることができたら、違うでしょうね。
 そもそも、私が生きていると思っていましたが、生きているというのは、誰が生きているのか。俺が有るだの無いだの、都合よく思ったり思わなかったりすることが起きているその生を生きているのは、一体何なのか。いや、違う。その生を生きるのは「誰」とその都度取り立てて「言う」こともなく、そもそも進行してしまっているこの「生」、「それ」を「生」と言ってしまっていいがわかりませんが(とりあえずそう言っておきますが)、”これがそうなっているというこのこと”は、私が生み出したのではない、ということ! ”これがそうなっているというこのこと”!! それが「一体何か」「なぜか」云々と今は問おうとは思いません。いまは、「!!」でありたい。

 「つらいことがあったら死んでしまいたい」。これも、私が生み出したのではないところの「これがそうなっている、このこと」の一部なのであり、そして「!!」への感度はわたしを豊かにしてくれますから。」