ほんとうにすこやかなわらい

ほんとうにすこやかなわらいとは、なんだろうか。


人が、その弱さゆえに愛すべき存在であると認識することから生れる笑いは、すこやかでないだろうか。

 

わたしは、人をその弱さゆえに愛し、ほほえむことができるだろうか。

わたしは、ほんとうにすこやかにわらいたい。