2014-06-30から1日間の記事一覧

砂の女、一読して。

安部公房『砂の女』。 なんだったのか、この話は。 というか、初読、今回はどのように読み得たか。 小説を読んでいる間、読み終わってもしばらく余韻の残った閉塞感のようなもの。「賽の河原」と本文にはあったが、西洋で言う所のシーシュポスの神話のような…